観光DB詳細

【県指定文化財】本山慈恩寺山門

ほんざんじおんじさんもん

楼門づくりで伽藍を守護する仁王尊が祀られているので仁王門ともいいます。
寛永11年に楽屋堂として建立されたものが享保19年、当山大工川越惣左衛門に再建を指示。享保21(1736)年、落慶法要。
1階部分は正面に密迹(みっしゃく)金剛・那羅延(ならえん)金剛を安置、2階部分を楽屋としています。
毎年5月5日の一切経会では、奉奏する舞楽の楽屋として使用されます。
三間一戸。八脚門入母屋造り、銅板葺。

infomation

  • 名称
    【県指定文化財】本山慈恩寺山門
  • 所在地
    寒河江市慈恩寺31 [MAP]
  • お問い合せ先
    慈恩寺寺務所
  • 電話番号
    0237-87-3993
  • 料金
    無料
     ※山門は自由に見学ができます
  • アクセス
    寒河江駅より車で15分 寒河江I.C.より車20分
  • 駐車場
    あり
  • ホームページ
    http://www.honzan-jionji.jp/
  • 備考
    設置年月日:元文元年再興(1736年)
    公開の有無:随時
    指定年月日:平7.12.8
    員数:1棟
    【構造及び形式】
    下層 桁行3間(10.06m)
    中央間4.55m/左脇間2.76m/右脇間2.76m/梁間2間(5.51m)
    三間一戸、八脚門、楼門形式、入母屋造、茅葺
    附 棟札一枚 元文元年の記があるもの

Access 1,024,761pv (2012.02.09〜) Today 189pv Yesterday 1,571pv